徹底的に固定電話を知ろう! TOP固定電話 >固定電話を引く時に必要な手続き

固定電話を引く時に必要な手続き

携帯電話の普及により、固定電話はあまり使わなくなりましたが、それでもやはり固定電話があった方が何かと便利です。
最近は電話加入権不要で固定電話を引くことも可能ですので、固定電話がないという人は、これを機会に固定電話を用意されてはどうでしょうか。

固定電話を引くには、まずは申し込みをすることが必要です。
最近はインターネットや電話で簡単に申し込みができるようになっています。
わざわざ出かける必要もないので、忙しい人でもできますね。

あとは、必要書類として、身分証明書が必要になります。
運転免許証や社会保険証、パスポートなどの身分証明書を用意しましょう。
それと、オフィスで固定電話を使う場合は会社の登記簿謄本が必要になります。
また賃貸物件を利用していて、5回線以上の電話回線を引く場合は、その他に賃貸契約書が必要になります。

このような書類が準備できたら、後は工事の手配、電話機の準備をするだけです。
最近は、固定電話の申し込みから工事の手配まで、全て行ってくれる業者もたくさんいます。
オフィスなどの開設で忙しいという人は、このような業者を利用すると便利でしょう。

業者は、電話を効率良く使用するための様々な相談にも乗ってくれます。
なるべく通信料を抑えたいとか、FAXやインターネットも同時に繋ぎたいなどの希望がある場合は、業者に相談すると良いでしょう。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 徹底的に固定電話を知ろう! All Rights Reserved.